俺は早漏なの?どうなの?

俺は早漏なの?どうなの?

早漏とは、相手の女性が満足する前に射精に至ってしまうことを言います。射精までの時間が人より短いと不安になると思いますが、問題はそこではなく「相手の女性がどう感じるか」です。早漏に不安になるその前に、一度相手の女性の希望を聞いてみましょう。

早漏の薬はどうして早漏に効くのかを詳しく知る

早漏で悩んでいるという男性は多いのではないでしょうか。デリケートな問題なため、誰にも相談することが出来ませんし、対応している医療機関もそうはありません。ほとんどの人が悩んだまま生活していることになります。しかし、そのままにしておくと大好きな彼女との性交渉が楽しめないだけでなく、お互いの気持ちにすれ違いが生じるようになり、関係が悪化することも考えられます。性交渉の経験が浅い場合には経験を積むことで改善されたり、ストレスなどの精神的な問題なのであればそのストレスを改善すれば早漏の回復が期待できます。それでも早漏が治らない人には薬が適応になります。
射精は脳のノルアドレナリンとセロトニンという脳内伝達物質によって調節が行なわれています。早漏の人は性交渉の際にノルアドレナリンが多く分泌され、セロトニンの分泌が少ないことがわかっています。ノルアドレナリンは射精を誘発し、セロトニンは興奮を抑える働きのため、結果として射精が早くなってしまうのです。薬にはセロトニンを増やす効果があり、脳内の命令を正常化することによって過剰な興奮を抑えるようにしてくれます。セロトニンとノルアドレナリンが正常なバランスになると射精はおきにくくなり早漏は改善していきます。薬の臨床試験では射精までの時間を3倍から4倍に延長することが可能であることが証明されており、悩んでいる人には有効な手段ということが出来ます。
薬の処方は扱っている専門のクリニックを利用するか、個人輸入で海外から購入することが可能です。信頼できるのは医師の診察を受けてから利用する方法です。最初は専門のクリニックの先生に症状を相談し副作用がないように治療を行うことが大事です。

早漏は薬に頼らなくても治ることがある

早漏に悩んでいるという男性も少なくないもので、薬を服用して治療をしてみようかと考える人も多いものです。
まず、早漏というのはそれ自体が健康に悪影響を与えるものでもありませんから、気にしなければ大きな問題になるようなものではありません。
しかし、性行為をするときにあまりにも早く果ててしまうと、男性としてのプライドが傷ついてしまいますし、パートナーも性行為で満足をすることができずにそれがきっかけで不仲になってしまうということもあります。

そのため、実害がないようで男性にとっては深刻な悩みだったりするのですが、早漏というのはトレーニング次第で改善をすることができるので、薬に頼らなくても治すことができないわけでもありません。
早漏の原因というのはいくつかありますが、刺激に対して敏感すぎることであったり興奮をしすぎて、早く射精をしてしまうといったケースがあります。

そして、これらのことというのは慣れによって改善をすることができるので、パートナーと協力をして改善をしていこうとする努力が大切です。
刺激に敏感すぎる場合には、少しずつ刺激に我慢できるようにトレーニングをすることで改善をすることができます。
仮性包茎などで刺激に慣れていないといった人は、極力皮がむけた状態を維持することによって外部からの刺激に慣れることができそれがきっかけとなって射精を遅らせることができるようになることがあります。
興奮をしすぎてしまって、早く射精をしてしまうといった人であれば性行為の回数を重ねることによって、徐々に慣れていきますからまずは回数を重ね、性行為に慣れるようにしてみましょう。
協力的なパートナーがいれば、薬に頼らずとも早漏を治すことは不可能ではないのです。

早漏にならないための脳のコントロール法

早漏とは、男性がパートナーと性行為を行う際に、早い段階で射精してしまう症状の事を言います。この症状になると、パートナーの女性を満足させる前にフィニッシュしてしまうので、男性としての自信を失うケースも少なくないです。そのためパートナーと性行為を行う度に、早くフィニッシュしてしまわないかを意識する様になり、逆にその事が症状を助長してしまうケースも少なくありません。或いはプレッシャーとなり性行為を楽しめなくなるばかりか、今度は勃起不全という厄介な症状を引き起こすので、注意すべきです。
というのもそもそも早漏になってしまうのは、脳の受け止め方に問題がある場合が多かったりします。というのも脳が性的刺激を必要以上に強く受け過ぎてしまうがために、性的興奮の高まりが早く、射精に至ってしまうのです。だからこそ若い男性で早漏の症状が出ている人は、パートナーとの性行為を繰り返し行う事で、段々と性的刺激に慣れて行きます。その結果、性的刺激を強く受け過ぎてしまう事もなくなり、症状を改善するケースも少なくないです。つまり早漏を克服するには、脳が受ける性的刺激を上手くコントロールする事が大事だったりします。
そんな性的刺激を受ける際の脳のコントロール法としておすすめな、トレーニングがあります。それは性器を刺激しつつ性的興奮を高めた上で、射精する前に止めるといった方法です。そのまま絶頂の前で止めておき、性的興奮が収まって来たら、再び性器を刺激して、射精の前に止めるという方法を繰り返します。こういった方法でフィニッシュの前で止める事を繰り返せば、脳に性的刺激を慣れさせて行く事が可能です。その結果、脳が必要以上に強く性的刺激を受ける事がなくなるので、持続力が出来て、早漏の改善を行う事が期待出来ます。